ブログ

「真ん中の子」になる「娘」が笑顔でいられるために始めたコーチングの話。

第3子の育児休暇中にも関わらず毎日勉強と起業準備の日々ですが、今日はどうしてライフコーチという職業を第2の職業として選んだのかについて書いていきたいと思います。それは、3人目が生まれるがために「真ん中の子」になってしまう娘に、「ママはずっとずっと大好きだよ」と伝え続けたかったからなのです。

子どもたちを抱えての転職で必死な日々

続きをみる

Posted by colors in ブログ

自身の経験とコーチングでの学びを”ぎゅっと”詰めた「就学前準備講座」

2022年4月。長男が公立小学校へと入学しました。
保育園は、地元ではそれなりに人気のある認定こども園で、教育というよりも「遊び」に力をいれており、先生方には本当に愛情深く接していただきました。

息子が保育園に通っていた時は、私もフルタイムで転職をしたため、拾っていただいたことに恩を感じ、とにもかくにも仕事にも集中して取り組んでいました。保育園では先生との距離も近いこと、そして直接話をしたり聞いたりすることができたので、特に不安に思うことなく過ごしていました。

続きをみる

Posted by colors in ブログ

コミュニケーションデザイナー始動!

第3子出産を機に動き始めた起業の道。
ライフコーチ + PRコンサルタント = コミュニケーションデザイナー として活動できるよう、商品開発や各種準備を猛進しています。
ライフコーチでは、日本親子コーチング協会に所属しており、認定講座の提供もしてまいります。

さまざまなメニューをご用意していく中で、自己満足にならないよう、どんな内容の講座なのか、どんな効果が得られるのかなどをお伝えしていくとともに、「こんな講座があったらな」「こんなコーチングセッションがほしい」などのご要望にもお応えできるよう、noteを本格活用することにいたしました。

続きをみる

Posted by colors in ブログ

「思い出すと辛い過去」でさえも自分のものにする

久しぶりの更新です。
この数か月間、11月の起業に向けて、さまざまな作業に没頭していました。
集客などに悩みながらも、考え付いたのは、
私自身がどうしてコーチングにたどり着き、コーチングにより何が改善され、どうしてライフコーチになろうと思ったのか、という経緯を含めた経験をお伝えするのが一番かと思い、これから筆を執ることとにしました。

思い出すと辛い過去

続きをみる

Posted by colors in ブログ

毎日少しずつ「関わり続ける」こと

ピーマン、大葉、鷹の爪、オレガノ、バジル、スペアミント、ワイルドストロベリー、ローズマリー、枝豆・・・・今年の我が家の家庭菜園で育てている子たちです。

コロナが流行する前までは、家庭菜園をやろうとは全く思えませんでした。郊外から東京に夫婦で通勤する我々は、働くことで精いっぱい。気づいたら朝になり、気づいたらお迎えの時間になり、バタバタと家のことをしていたら就寝の時間になる。そんな毎日でした。

続きをみる

Posted by colors in ブログ

子どもが自分で生きる力に気づくために

3月から、大人へのコーチングを学ぶために14ヶ月のオンラインコーチングスクールに通い始めています。私はマイコーチと歩み始めて2年あまり経ちますが、少しずつ少しずつ過去の自分を克服し、「ありのままの自分でいられる」時間を増やすことができています。コーチングスクールでさらにその「ゆるぎない自己基盤」を手に入れるため、学びを深めています。

コーチングを学ぼうと決意した背景には、「子供たちが自分の人生を自分で切り開く力をつけてほしい」という想いがあります。これは、自分の子どもたちだけでなく、これからの不安定な未来を生きていくすべての子どもたちへの想いです。小さな頃、「生きにくい」と感じていた自分。でも視線を上げてみるとそこにはたくさんの仲間がいて、自分を支えてくれる人、心配してくれる人、応援し続けてくれる人がいるーーインターネットが普及して子どもの世界も一昔前とはがらりと環境が変わりましたが、まだまだ気づくことができない子供たちへそのことを伝えたいのです。

続きをみる

Posted by colors in ブログ